巻き爪は靴も原因

巻き爪は靴も原因の一つ?巻き爪になりやすい靴の特徴と関係性

ではなぜ靴選びを間違えることで巻き爪が起こってしまうのでしょうか、巻き爪になりやすい靴の特徴と関係性についてみてみましょう。

巻き爪になる原因で最も多いのがサイズの合わない靴を履いていることです。

 

巻き爪になりやすい靴は先がとがった靴、サイズが小さい靴、幅の狭い靴、生地の硬い靴です。
爪は通常指の形に添って生えてきますが、外側から圧力をかけることにより硬い爪が内側へ押しやられ、爪よりも柔らかい皮膚に食い込んでしまいます。
先がとがった靴やサイズが小さな靴、幅が狭い靴は足を外から圧迫しますし、記事が硬い靴は柔軟性がありませんから足の形に合わせて広がるということもありません。
ハイヒールや先のとがったブーツ、レザーのおしゃれ靴を頻繁に履く女性の多くが巻き爪に悩まされているといわれるのはそのせいなのです。

 

巻き爪になりやすい靴の特徴

 

巻き爪になりやすくい靴の特徴の一つは先がとがっている幅の狭い靴です。
足先がおしゃれに見えますし、細く長く見えますからおしゃれ靴として履く女性も多く、職場やプライベート両方で別々に使い分けているという方も多いのですが、幅が狭いということは靴の先に入る足は靴の形に合わせるため圧迫を受け、外反母趾になりやすいとされています。
ところが外反母趾だけではなく、爪も外から圧迫を受けるようになるとより柔らかい方向へ曲がろうとしますから、爪よりも柔らかい指に食い込んでいくのです。
サイズの小さな靴や生地の硬い靴も同じことで、爪先が合っていない、圧迫されているという場合、爪はやはり自分より柔らかい指に食い込んでいこうとして巻き爪になってしまいます。
巻き寿司を作るようにどんどん内側へ流れていきますから巻き爪もひどくなるとのの字を描くように丸まっていき、やがて足の指は赤くなり、炎症を起こして膿がたまるようになってしまいます。

 

なりやすい靴と関係性について

 

巻き爪になりやすい靴との関係性は足に負担をかけるかかけないかということになります。
よく言われているのは巻き爪になりづらい靴はビーチサンダルや長靴、ムートンブーツやスニーカーと言われています。
つまり爪先を解放してあげることで爪は指の形に添って伸びることができますから、巻き爪になることはないのです。
靴を選ぶときは爪先に余裕があり、圧迫感がないことを優先し、おしゃれ靴は履くとしても頻度を下げ、毎日のように履くのは止めましょう。
もし巻き爪になってしまった場合はすぐに靴を変え、巻き爪のために作られたスニーカーを活用したり、中敷を使用したりしてみてください。

 

おすすめの巻き爪の矯正

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ